2009年11月24日火曜日

Smile of You

(C)2009 by MIZUKI Yuu All rights reserved
Authorized by the author

----- MIZUKI Yuu Sound Sketch #4 -----

  「Smile of You」 水城雄


 窓からは雨上がりの湿った空気が流れこんでくる。
 花瓶のコスモスがかすかに揺れている。
 ぼくは怪我をして、車で運ばれ、手術を受けたばかりで、まだ麻酔がさめきっていなかった。
 ドアから入ってきたきみは「ひさしぶりね」といった。
 ほんとに。何年ぶりだろう。
 四年? それとも五年?
 五年ぶりに会うきみは、ずいぶんほっそりして見えた。きみはぼくの傍らにすわると、そっとぼくの腕に自分の手を置いた。
 どうしてる、ときみが訊いた。
 相変わらず。毎日、目先のことで走りまわってるよ。ちっとも楽にならない。でもそれなりに楽しくやってる。
 楽しくやってる? よかった。それを聞きたかったの。で、五年後の私はそっちにいるの?
 いるさ、もちろん。少しふっくらしちゃったけどね。
 そういう体質なのよ、しかたがないでしょう? そういって、きみは笑った。
 五年後にがんこになるよ、きみは。人のいうことを全然聞かない。
 そういう家系なのよ。わかって。
 もちろん、わかってる。文句をいってるんじゃない。そういうのも悪くないと思ってる。
 雲が動いて、秋の午後の日差しが病室に差しこんできた。
 もう行くわ、ときみがいう。そして立ちあがると、日差しのなかに白く光りながら、消えていく。
 ぼくはうとうとと麻酔の眠りのなかへもどっていった。

1 件のコメント:

  1. 鈴木です。
    先ほどから大量に申し訳ございません。
    朗読用に借りれて、素敵かつ大量に掲載されているこちらに出会えて幸せです!
    解釈など気になる作品もありますがないことでより一層魅力が増しているようにも感じます。

    返信削除