2010年1月7日木曜日

Why Do You Pass Me By

(C)2010 by MIZUKI Yuu All rights reserved
Authorized by the author

----- Jazz Story #17 -----

  「Why Do You Pass Me By」 水城雄


 あたし、ママのこと、きらい。
 ママが歌ってる。大勢の人の前で。
 みんなママを見て、拍手をして、歓声をあげてる。ママが歌い、なにかいうたびに、みんなの顔がよろこびにはじける。
 みんなママにあこがれてる。
 でも、あたしはママのこと、きらい。
 ステージの上で輝いているママ。でも、家ではどうなのか、あたしは知っているから。
 ママはおこりんぼだ。あたしのことをすぐに怒る。
 あたしはもう大人なのに、いつまでも子どもあつかいだ。すこしでも帰りが遅くなると、もうキーキー怒る。家のことを手伝わないといって怒る。宿題をすませてないといって怒る。塾の成績が悪いといって怒る。そんなんじゃ中学に入れないといって怒る。
 わたしはあなたのためを思って怒るのよ。それがわからないの?
 わかってる。そんなことはわかってる。でも、あたし、ママに怒られたくて生きてるんじゃない。
 ママはあたしのこと、少しもわかっていない。あたしはママのことをこんなにわかっているのに。
 ママがだれを好きなのかも、ちゃんと知ってる。みんなが家に来たとき、ママがどの人だけを見ているのか、あたし、ちゃんと知ってる。それはシーナさんだ?
 ほんというと、あたしもシーナさんのことがちょっと好き。ミズーほどじゃないけどさ。
 ママ、知ってる? シーナさんもママのことが好きなんだよ。

 ママが歌い終わると、拍手は鳴りやまない。
 みんな、アンコールを期待してるんだ。あたしは早く帰りたいのに。もう早く終わって、帰りたい。
 あたしをみんながちやほやしてくれるのは、ママの子だからだ。そんなことぐらい知ってる。だから、ちやほやなんかされたくない。あたしはただ、ママと家でいっしょにウノをやったり、『ヒカルの碁』を読んだりしたいだけ。だれにも頭をなでられたくなんかないし、だれにも家に来てほしくない。
 なのに、いつもうちにはいつもたくさんの人がやってくる。
 みんなママ目当てなんだ。シーナさんだってね。
 でも、この間のライブはひどかったよ、ママ。あれはママがかわいそうだった。あたしだってママの子なんだから、音楽のことはわかる。ママの後ろで演奏していたおじさんたち、ちょっとかっこいい感じはしたけれど、演奏はぜんぜんだった。ママもわかってたんでしょ? すばらしいメンバーを紹介します、なんていってたけど。
 お客さんはだれもわかってなかったよね、きっと。でも、あたしにはわかった。
 ギターの人が変なコードを弾いたとき、ママが悲しそうな顔になったのを、あたし、ちゃんと見てた。
 あたしはママのこと、嫌いだけど、ママの悲しそうな顔を見るのはいや。
 ママ、どうしてそんなにがんばるの?
 シーナさんのため?
 あたしのため? だったらあたし、そんなことちっとも望んでない。もっといっぱい、ママといっしょにいたいだけ。
 ママなんか、きらい。
 でも、きっとシーナさんよりもずっと、ママのことを……

0 件のコメント:

コメントを投稿