2009年10月12日月曜日

砂時計

(C)2009 by MIZUKI Yuu All rights reserved
Authorized by the author

----- Jazz Story #16 -----

  「砂時計」 水城雄


 砂が落ちつづけている。
 砂時計だ。
 砂時計なんて、何年ぶりに見る?
 大ぶりの砂時計だ。
 私は目をあけ、それを見つめた。そして、それまで目を閉じていたことに気づいた。
 眠っていたのか?
 いや、ちがう。
 では起きていたのか? それもちがう。
 では、なんだ? 私は眠ってもいず、起きてもいなかった。まるで存在していなかったみたいだ。でも、いま、私は、ここにこうやっている。こうやって砂時計を見つめている。砂がガラスの容器のなかを、さらさらと、上から下へと流れ落ちているのを見ている。
 その砂時計にはどこか違和感があった。非現実的な感じがした。
 どこが?
 彫刻をほどこされた古めかしい木の枠に、白い砂が入ったガラス容器がはめこまれている。いささか古風ではあるが、ごくありふれた砂時計だ。しかし、なぜか違和感がある。
 見つめているうちに、その違和感はしだいに強まっていった。
 そもそも、この砂時計はいつからここに置かれていたのか。
 ここに置いていったのはだれなのか。
 私の記憶にはなかった。
 そして、違和感の原因を、私はついに見つけた。
 砂時計はいつまでたっても終わらないのだ。上から下へ流れつづけて、終わりがない。上の砂は、下へと流れ落ちつづけているのに、まったく減らないのだ。
 砂はえんえんと落ちつづけ、時はえんえんと進みつづけている。

 どのくらいそうやっていただろうか。
 砂は相変わらず落ちつづけていた。
 永久に落ちつづける砂時計は、もはや時計とはいえない。砂時計は、その機能を停止してはじめて、機能を発揮する道具なのだ。砂の落ちることが終わってはじめて、砂時計は時をつげる。
 しかし、永久に落ちつづける砂時計は、時をつげることはない。
 機能しない砂時計。
 起きているのか、眠っているのかわからない、私。
 そもそも、私は何者なのか。
 たしかに名前はある。忘れたわけではない。しかし、その名前は、私そのものではない。名前は名前だ。私というものを表現しているかもしれない記号、それが名前だ。砂時計の砂のようなものだ。
 砂が流れ落ちているのを見て、私はそれを砂時計だと思った。私に名前がついていれば、人は私を人だと考えるのだろうか。
 私の機能とはなんなのか。
 永久に落ちつづける砂時計のように、ただ名前がついている物体にすぎないのではないか。ただ名前がついているだけで、機能を発揮しない物体にすぎないのではないか、私は。
 私はおそらく、名前を失ってはじめて、機能を発揮するものなのだろう。砂がとまってはじめて、砂時計が機能を発揮するように。
 いずれ私は名前を失うのだろう。あるいはみずから捨てるのか。私は私の名前をみずから停止し、そこから出ることができるのだろうか。
 古めかしい砂時計の砂は、まだ流れ落ちつづけている。

0 件のコメント:

コメントを投稿